民事再生という法律について知りたい

私の考える民事再生という法律についてを書きました。なかなか縁のないキーワードですが、案外身近かもしれません。

NAVI

民事再生という法律について

まず始めに、民事再生とはなにかをお話します。不動産を買うにあたって一括で購入ができればいいのですが、なにしろ額が何千万という単位になりますので、大半が住宅ローンを組んで購入することになります。だいたいが、銀行での住宅ローンかと思います。詳しく話すと、不動産屋さんに銀行から一括で支払ってもらい、そのお金を毎月返していくという形になります。毎月の決められたら返済額が6回滞ると、今までのように分割での返済ではなく、一括返済を要求できます。一括返済が出来ない場合には、不動産屋さんに買い手を探してもらう任意売却、裁判所が金額を決め買い手を探す競売、そして、弁護士に委任し今後も分割で返済していくという裁判を起こす民事再生の4択になります。

民事再生のメリットとしては、家を手放す必要がないこと、一括で大きな金額を返済しなくて済むこと。しかしこれにはデメリットもあります。弁護士に委任しなければならないので、弁護士の費用がかかること。裁判所に、今後も分割で支払いができると認めてもらわなければならないこと。裁判を起こしてから元の分割支払いに戻るまでに一年近くかかってしまうこと。また、その間の利息は一括で支払わなければならないこと。こうみるとデメリットの方が多くみえますが、家を売却することなく今まで通り分割で支払っていけるのならその方がいいのです。なぜなら、仮に売却をしてもローンが残ってしまう場合があります。その場合には残金を一括もしくは分割で支払っていくのですが金額があまりに大きく返済が困難な事があります。その際に出てくるのが自己破産という法律です。

自己破産をすることでローンをなくすことが出来るのですが、その後約十年間はローンが一切組めません。自己破産という究極の選択になるのなら、出来ることなら民事再生で返済をし、不動産も手に入れた方が、デメリットが多くてもいいのかと思います。

 比べてお得!