民事再生という法律について知りたい

民事再生という法律は、会社の債務が原因でお金を返す見込みがない時に、会社の再建を促す手当の支給の制度です。

NAVI

民事再生法に関する法律

民事再生法は、会社の経営の再建のために作られた法律です。国が会社に融資を提供する事ではなくて、適用を受けた会社は、法律に基づいて国からの手当金として支給されます。会社を経営して行くに当たって、売上が振るわないなどの理由で赤字を累積していって、将来的には赤字を補填できない状態のことです。経営をしていく上で、予算の見通しがつかない場合に関して、会社は銀行から多額の融資を受ける事になります。銀行からの債務を果たせない見通しの場合に、民事再生の適用を受ける手段があります。

国からの手当金を受け取るためには、民事再生法という法律の適用の条件があります。条件としては、会社の経営において健全な経営を行っていたかどうかの判断をします。企業から国に対して、会社の再建に関する手当金の申請に関する書類を提出します。申請を受理したら、実際に企業を訪問して、経営の状況や売上の状況などに関して下調べをします。健全な経営を行ったにもかかわらず、借金の積み重なりによって将来的にお金を返す見込みが長い企業の場合に適用の条件となります。その他に様々な経費などのことを調べて、法律に基づいた条件に満たせば民事再生の適用となります。

 比べてお得!