民事再生という法律について知りたい

民事再生の法律。よく耳にしますが、はたしてこれはメリットなのかデメリットなのか考えてみました。

NAVI
民事再生という法律について知りたい

民事再生という法律について

民事再生、よく耳にする法律用語ですよね。日本における倒産法の一つであり、実際よく耳にする機会が増えたのは、バブル崩壊から現在にいたるリーマンショック問題まで多岐に渡る日本経済赤字による理由からだと思います。さて、この民事再生法、受ける側のメリットとはどのようなことなのでしょう。会社は、大きな借金を抱えて倒産してしまうとこの法律により再生を行うきっかけを与えられます。借金の元本を大幅に減らし返済手続きを行えるとても大きなメリットに感じますよね。この制度を利用すれば、債権者からの同意も受けやすいというメリットもあります。自己破産を起こされ、貸した側が一円も回収できない最悪なケースを免れ、再生してもらうことで将来貸したお金を返済してもらうチャンスを受けることができるからです。

しかし当然大きなデメリットも存在します。民事再生法が適用されると、しばらくの間は借り入れを起こすことはできません。会社として考えると、例えばゼロからのスタートとなるチャンスだとしても、運転資金がなければ何もできません。再建の見込みはないようにも感じてしまうでしょう。そして、金融会社へ民事再生法が適用されたことが知らされてしまうデメリットもあります。借り入れを起こせる時期が来ても、この情報が流れることにより取引銀行から見放される可能性はとても大きいです。この法律がチャンスなのか、そうでないかは個々の事例により異なりますが、慎重にことを進める上でしっかり理解をしておく必要があると思います。